ホームセキュリティ 新築戸建住宅

導入するメリット

新築時にホームセキュリティを導入するメリットについてご紹介します。

メリット(1)ご新居の美観に配慮したホームセキュリティを導入することができます

ご新築の場合、ホームセキュリティを建築の施工スケジュールに合わせて新築導入工事(有線施工)をおこなうことができます。 そのため、壁の裏に配線を通すことができます。
また、窓や扉に設置するセンサーは、お住まい後に設置するワイヤレス式(※1)のものと比べ、コンパクトなものを使用しております。
ご新居の美観を損ねることなく、ホームセキュリティを設置することができます。

(※1)当社仕様のワイヤレスマグネットセンサーと比較した場合

《ご新居の建築工事が始まっているお客様へ》
ご新居の建築工事が既に始まっている場合、工事の進行状況によっては新築導入工事(有線施工)ができない場合がございます。

メリット(2)お客様のご要望の位置への機器のお取付けができます

ご新築の場合、お客様や住宅施工会社のご担当者様とお打合せを行い、機器の配置についてのご要望をお伺いします。
たとえば、セパレートモデルプランの場合は、コミュニケーター(主装置)を分電盤やマルチメディア盤(情報分電盤)の付近など、美観を損ねない箇所へ設置が可能です。(※2)
また、画像の操作器(ワイヤレス・アシスタント・ターミナル)は、コンパクトなリモコン型で設置場所を選ばないので、美観を損ねることなくご新築時の導入に最適です。

(※2)構造上の理由により、ご要望の位置にお取付けができない場合がございます。

その他

火災保険の保険料が削減される場合がございます。
詳細をご希望の方は、東急グループの総合保険代理店『東急保険コンサルティング株式会社』を紹介させていただきます。