お知らせ

2015年

2015.09.15

駅構内の防犯カメラと東急セキュリティ鉄道警備隊を連携させた実証実験を開始

親会社である東急電鉄とともに、東急線の鉄道施設や周辺の商業施設に設置されている防犯カメラや提供サービスをネットワーク化し、面的な警備体制を構築することにより沿線価値向上を図る「タウンセキュリティ構想」を推進しておりますが、このたび9月16日(水)より、溝の口駅構内の防犯カメラを活用した実証実験を新たに行います。


実証実験の概要≫

  • 1.期間
    2015年9月16日〜2015年12月中旬(予定)
    毎週水曜日・金曜日の23時頃〜終電および毎週木曜日・土曜日の始発〜7時頃迄
  • 2.実施駅
    田園都市線・大井町線 溝の口駅
  • 3.実験概要
    これまでに発生している駅構内における事件・事故の原因を踏まえ、画像監視センターにてお客さまの安全を脅かす可能性がある事象(長時間の座り込み、線路内への立ち入り、混雑状況等)を早期に発見し、現地の東急セキュリティ鉄道警備隊との連携により、事件・事故を未然に防ぐ仕組みを構築します。

詳しくは >>こちら(PDF180kb)をご覧ください

»戻る