お知らせ

2022年

2022.08.09

UR賃貸住宅で新たに高齢者向け見守りサービスを開始〜UR都市機構、ヤマト運輸株式会社、東急セキュリティ株式会社が連携〜

2022年9月2日(金)に創立100周年を迎える東急グループでは、小学生の皆さんが 大人になったときの未来のまちを描くコンクール「東急のまちの未来を描こう 小学生コンクールを開催します。
2022年7月1日(金)から8月31日(水)まで、小学生を対象に「2050年の東急のまち」の姿を描いた作品を募集します。

本コンクールのテーマは「東急のまちの未来を描こう」です。2050年、小学生の皆さんが大人になったときに「住んでみたい」「働いてみたい」「遊んでみたい」「こんな電車に乗ってみたい」と思う東急のまちを自由に描いていただきます。
応募いただいた作品の中から、合計100作品を入賞作品とし、入賞全作品を本コンクール特設ホームページで紹介するほか、上位入賞した作品は東急線渋谷駅や電車とバスの博物館、特別企画列車「東急グループ100周年トレイン」の車内などで展示します。
東急グループは、224社5法人(2022年3月末時点)で構成され、交通事業・不動産事業・生活サービス事業、ホテル・リゾート事業を主な事業分野とし、鉄道を中心とした「まちづくり」を事業の根幹として長年にわたって皆さまの日々の生活に密着したさまざまな領域で事業を進めています。
これまでお客さま皆さまとともに歩んでくることができたことへの感謝や、これからの100年に向けた想いを込めた取り組みなど、2022年4月からの1年間を100周年期間と位置づけてさまざまな取り組みを実施しています。
詳しくは>> こちら(PDFファイル)

本コンクール特設 ホームページは>> こちら

»戻る